読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のんびりファッションブログ「ゆるっと、だぼっと、」

日々のコーディネート、ファッションやライフスタイルについてのあれこれを発信していくブログ。mail:dabodaboda029@outlook.jp

誰とも被らないファッションを楽しむ!VINTAGE古着のススメ

古着を買ったことはありますか?

あると答えた方、それはもしかするとブランド古着のことでしょうか。

今回、僕がオススメするのはそちらではなくヴィンテージ古着のほうなんです!

 

古着というと、「ジャンブルストア」や「ラグタグ」といったブランド服買取ショップで売っているものを想像する人が多いかもしれません。

しかし古着にはもうひとつ種類があります。

それがヴィンテージと呼ばれる、大昔の古着です。

明確な定義は存在しませんが大体30年前くらいのものからを「ヴィンテージ」と呼び、古いものだと100年前のものまであります。

 

ファッションのトレンドは長い歴史の中で繰り返されており、最近では80年代のトレンドだった「ビッグシルエット」などが復権してきています。

昔の服にも今に通じるアイテムが数多くあるのです。

一流ブランドでもビンテージをデザインソースとすることがあるそうですし、デザイナーさんが古着好きというのは良く聞きます。

 

しかしヴィンテージ古着はブランド物と比べると格段に安い…!

去年の秋冬頃からブームになっているMA-1。

そこそこのものをセレクトショップ等で探すと15,000円から20,000円程度はします。

こちらのBEAMSのものはWEB限定で15,000円。

zozo.jp

 

ところがヴィンテージ古着で探すと、サイズM相当でコンディションもなかなかのものが7,560円なんです!

jamtrading.jp

 

もちろんヴィンテージですので経年劣化や野暮ったさはありますが、そこをよく見極める、もしくは上手く着こなすことが出来れば格段に節約になります。

古着だけでコーディネートするとただの昔の服を着てる人になってしまうので、新品とうまく混ぜながら使うといいと思います。僕の場合は新品と古着を7:3くらいで合わせて、古着も出来るだけ綺麗なものを選ぶようにしています。

うまくヴィンテージを活用して古着特有の雰囲気を武器にすることができれば、周りの一歩先を行くコーディネートが出来るのではないでしょうか!

最近ではヴィンテージショップが買い付けてきた古着を現在のトレンドに合うようにリメイクして売っていたりもするのでそういうものを選ぶのも手ですね。

 

 

ヴィンテージの良さはもうひとつあります。

それは”一点もの”であるということ。

最新のトレンドを追おうとするとやはり有名ブランドやニュースになるものを買いたくなりますが、それでは周りと被ってしまう恐れがあります。

ヴィンテージ古着はそのほとんどが一点ものであるため、人と被る心配はほとんどなし!唯一無二の個性を演出することが出来ます。

特に古い年代の物は現在では失われてしまった技術や手法で作られたものも多く、素材も現在の物より上質。長い年月が経っても残っているのがその証拠です。

 人と被りたくない、人より良い物を身に着けていたいというのは少なからず誰にでもある気持ち。そんな時、ヴィンテージ物をひとつコーディネートに入れるだけでも説得力が違います!

単純にデザインや着心地がいいというのもヴィンテージをオススメする理由のひとつです。

 

 

dabodaboda029.hatenablog.com

 このコーディネートで着用していたスカーフ、パンツ、革靴は古着ですが、ぜんぜんそんな風に見えないと思いませんか?

スカーフはイタリア産総シルクで3,000円、パンツはリネン素材で裏地もしっかりついて5,000円、シューズは2年ほど履いているので少しダメージが目立ちますが当初はピカピカで5,000円でした。

ちなみにトップスが13,000円なので古着三点とちょうど同じ値段ですね笑

 

 

僕は古着を織り交ぜてコーディネートするようになってからファッションの幅も広がりましたし、ブランドや値段に捕らわれない服の見方が出来るようになったと思います。

皆さんも一度古着屋さんに行ってみてヴィンテージの良さを感じてみてください!

近いうちにオススメの古着屋さんを紹介する記事も書こうと思うので乞うご期待!