読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のんびりファッションブログ「ゆるっと、だぼっと、」

日々のコーディネート、ファッションやライフスタイルについてのあれこれを発信していくブログ。mail:dabodaboda029@outlook.jp

夏のシンプルコーデを格上げする!スカーフ活用法5つ

最近、「スカーフ」の検索ワードで当ブログを訪れてくださる方が多いようです。
スカーフを使ったコーディネート記事は今ある記事の中でもアクセス数がかなり多いです。
 
という訳で、今回はスカーフの使い方をご紹介したいと思います!
 
 
1.バンダナ巻き
一番メジャーなんじゃないかと思われる使い方。
このコーデでやってるのがそうですね。
 
 
三角に折ってから、くるくると細くして首に巻いて結び目を出すというものです。
Tシャツ一枚で首周りが寂しいときなどにほどよく主張してくれて、いいアクセントになります。
太く巻いたり、ゆるく巻いたり、結び目を工夫してみたりといろいろアレンジが出来るので気分で変えるのも楽しいです!
 
 
2.襟巻き
こちらは意外と見かけない巻き方。
上のバンダナ巻きとほぼ同じですが、結び目を服の中にしまうのがポイントです。
 
f:id:dabodaboda029:20160821100349j:plain
 
シャツなどで襟と重なってごちゃごちゃしてしまう場合や、画像のように襟元の高いカットソーなどと合わせるときにちょうどいい感じです。
結び目が見えないためよりさり気無く、アクセントを効かせることが出来ます。
大判のスカーフでも結び目を仕舞ってしまえば関係ないので、サイズを問わず使える技ですね!
 
 
3.三角巻き
首に巻くシリーズ第3弾。
こちらはほとんど見かけたことがありません笑
女性ファッション誌でちらほら見るくらいでしょうか…。
 
 
三角形に折って、首に巻くだけなのでとっても簡単。
三角が大きすぎる場合は長い方を少し巻いて調整することが出来ます。
これをバンダナでやると犬感がすごいですが、上品なスカーフだと意外といけちゃうんです。
緻密な柄もしっかり見せることが出来るので、インパクトも抜群!
後ろから見える結び目をかわいいですよ。
大判のものならさらっとラフに巻いてアフガンストール的な見せ方をするのもいいかもしれません。
 
 
4.セーラー巻き
これは女性がやっているのを良く見かけますね。
大判のスカーフを三角に折って、首周りにゆったりかける使い方です。
 
f:id:dabodaboda029:20160821100352j:plain
 
前からも後ろからもスカーフがばっちり見えるので、シンプルなコーディネートに使うと一味違って面白いです。
個人的に前からの見え方がセーラー襟っぽくて夏にぴったりなんじゃないかと。
 
 
5.アクセサリー的使い方
これまでとは打って変わって、首以外に巻く方法です。
手首、足首、頭などに巻いてもいいですし、バッグの紐やハンドル部分に結びつけるのも素敵ですね。
使わないときははバッグに付けておいて、肌寒いときなどに首周りに巻くなど便利な使い方も出来ちゃいます!
この辺は自由なのでとりあえず思いついたところに巻いてみると楽しいと思います笑
 
 
以上、5つのスカーフ活用法をご紹介しました!
ちなみにこれらの呼び方は僕が勝手に言ってるだけなので、他所で使うと不思議がられるかも…。ご了承ください。
スカーフはメンズレディース問わず使えて簡単におしゃれに見えるので、ぜひ挑戦してみてください!